​※撮影にご協力くださる患者さんを募集しています。

​Survive/Alive

長年療養が必要な疾患を持つ当事者らがこれまで何に傷つき、何に不安を抱き、そして何に支えられてきたのかを探るドキュメンタリー作品を製作中です。現在、取材・撮影にご協力くださる患者さんを募集しております。撮影にご協力くださる方は右の欄に必要事項ご記入の上、送信ボタンを押して下さい。

 

発表方法:2019年2月末に埼玉県飯能市で開催される第5回世界希少・難治性疾患の日に合わせて展示を行います。(2018年の同イベント写真展には450名の方がご来場下さいました)

【応募の条件】

​①希少・難治性の疾患を患う方。指定難病、小児慢性特定疾病当事者など。※未成年の方は保護者の方からも同意が必要です。

②撮影した写真と聞かせて頂いたエピソードを作品として公に発表することにご承諾くださる方。

※18歳未満のお子様や障害があるために、ご自身の意思を表明することが難しい場合、保護者の方が代諾者となります。

【その他】

・撮影料・交通費は頂きません。

・謝金等の支払いはありません。

・特別の事情があり、急ぎの撮影をご希望の方は、メッセージにその旨ご記入下さい。必ずしもご希望に添えない場合がございますことをご承知おきください。

※2018/9/29現在、1名様撮影しました

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2015-2017 by Mei Wada