• Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2015-2017 by Mei Wada

「普通じゃないの?」

August 29, 2017

 

夏休み明け3日目。

毎日少しずつ学校へ必要な物を持っていきます。

今朝はピアニカ。

ピアニカに限らず、娘の持ち物には2つのクラス名を記入しています。 

 

1-3

たんぽぽ

 

1日のほとんどを支援級で過ごしているので、「たんぽぽ」と記名すれば事は足りるのですが、そこは私の意地。娘は「たんぽぽ」の仲間でもあり、「1-3」の仲間でもあるんだよ。

 

初めてそれに気付いた2年生。

「たんぽぽなの?普通じゃないの?」といつもと変わらぬ調子で尋ねて来ました。 

 

(はい、来ました!子どもの直球型質問!

よしきた!よく聞いてくれた!

いいよーおばちゃん、そうやって遠慮なく聞いてくれるの大好き!)

 

私「2つのクラス、両方行ってるんだよ」

2年生「へー!…なんで?」

私「苦手なお勉強ある?」

2年生「うーん、あるよ」

私「結希ちゃんにもあってね。たんぽぽは苦手なお勉強をゆっくり教えてくれるところなんだよ。」

 

と、落ち着いて伝えるつもりが、2年生…苦手なお勉強を尋ねたあたりから、同学年の子と今授業がどこまで進んでいるか!という話題へ移ってしまい、私の話は半分も聞いていたか分かりません。

 

なんかこう…もっと、バシッと分かりやすく伝える方法を考えないとなりませんね。子どもの集中力なんてそんなもんだ!

 

支援級と交流級の違いは、障害があるかないかではなくて、不得意分野に対するアプローチの仕方がより細かいという程度のことなんだと…子どもたちにはそこを知って貰いたいなと思います。

Please reload

Recent Posts

December 30, 2018

August 22, 2018

August 16, 2018

August 10, 2018

June 16, 2018

Please reload

Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags